消費者金融会社って何?

消費者金融会社って何?

お金を貸してくれる会社

お金を借りたことのない人にとってはなじみがないかもしれませんが、消費者金融会社とはお金を貸してくれる会社のことです。通常銀行などでお金を借りることができますが、消費者金融会社からも同じようにお金を借りることができます。しかし銀行とは違い預金を取り扱わずにお金を貸します。もちろん誰でもかれでも無条件で借りれるわけではなく審査を受けて通った人がお金を借りることができます。アイフルやアコムといった名前の良く知られている消費者金融会社があります。昔には消費者金融をサラ金と呼んでいたこともありましたが、最近はあまり使われなくなりました。
これらに関連して街金、闇金といった言葉がありますがどう違うのかをこれからご紹介します。

ヤミ金、街金とは

ヤミ金とは消費者金融と同じくお金を貸してくれる業者です。
ただ消費者金融は法律に従ってお金を貸すのに対し、ヤミ金は法を犯して多額の利益を得ようとする業者のことです。ですから、ヤミ金からお金を借りると後々大変なことになるのは目に見えています。街金とはもともとは消費者金融会社が街中に営業所を構えていたことからそう呼ばれていましたが、現在では大手ではない、中小企業の消費者金融会社を指して使われています。地域密着型で展開している街金が多いです。また大手よりも審査に通りやすい街金も多々あるようです。
ただ中小企業の消費者金融会社には違法な業者もあるので利用するには注意が必要です。ではどのように違法かそうでないかを見分けられるのでしょうか。確実な判断方法は「営業許可登録番号」を確認することです。
この番号は貸金業をするために必要な許可を法的に得たという印です。ただし嘘の番号を載せている業者もいます。金融庁のホームページから入っていくと登録番号が正式なものか検索してくれるサービスがあるので、金融業者を利用する前に一度確認してみましょう。

大阪の特性

大阪の特性

その昔、大阪は「天下の台所」と言われ、いつの時代も商業が盛んな都市として知られていました。確かにみなさん大阪と聞くと活気と情緒にあふれた街のイメージがあるのではないでしょうか?現代でも、食い倒れやたこ焼き、大阪のおばちゃんなど、異色でインパクトの強い独特の文化がありますよね。もちろん、東京のように近代的なオフィスや百貨店、ホテルなどもたくさんある観光・商業的にも重要な大きな都市です。そんな影響もあって大阪は消費者金融や中小規模の街金融が非常に多い事でも有名です。ではこれから大阪ならではの金融機関をご紹介したいと思います。

大阪ならではの消費者金融機関

1「フクホー」大阪市浪速区難波に店舗があり、大阪に拠点を置く、中小規模の消費者金融で、大阪で創業45年と長期にわたって消費者金融業を営んできた信頼と実績があります。
「フクホー」では通常のフリーローンの他に、借り換えローンやレディースローンの取り扱いもしています。また、インターネットや電話などを通して、全国どこでも来店不要で利用することができます。時間がかかる郵送でやり取りをする消費者金融も多いですが、「フクホー」ではセブンイレブンのマルチコピー機で契約書を受け取る事ができるので、お急ぎの場合も大変便利で、当日融資が受けれる可能性がグット高まります。2「ハローハッピー」2007年設立の比較的新しい大阪の中堅の消費者金融です。
フリーローンの他にも、リフォームローンや医療ローン、事業資金ローンも扱っています。
また、安定した収入があれば、主婦やアルバイトでも申し込み可能など気軽に利用できる消費者金融です。
3「アルク」大阪市北区梅田に本店を構える中堅街金です。様々な申し込み方法を用意していて都合に合わせた手続きをする事ができます。
また、大手消費者金融に比べて、審査が比較的柔軟という口コミが多く評価が高いようです。

銀行系カードローン審査基準

銀行系カードローンの審査基準

銀行系カードローンの審査は厳しい?

銀行系カードローンは金利が消費者金融と比べ低めですし、総量規制の対象外のため利用限度額も多く、銀行のカードローンという事で何となく安心感もあります。しかし、一般に銀行系カードローンの審査は厳しいといわれています。実際はどうなのでしょうか?確かに、銀行カードローンの審査は消費者金融と比べて厳しいと言えます。実際には銀行の方が審査に厳しい項目がより多いという意味でとらえることができます。例えば、銀行系の審査項目で厳しいものとしては、「他社からの借り入れ状況」という事があります。銀行は、消費者金融からの借入があると、他社からも借り入れがさらにあるのではと疑います。例えば、借入が3件以上ある人がいるとすると、1箇所からまとめて借入ができなかったという評価が下されマイナス要因となります。

審査に落ちやすい人の条件ってある?

誰もが審査にパスしたいと思うもの。しかし、残念ながらすべての人がパスできるわけではありません。ここに審査に落ちやすい人の条件を四つ挙げたいと思います。1.信用情報にキズがある。つまり、過去に債務整理などを経験した人や長期間の返済延滞などをした人の事です。審査の際、会社は信用情報期間を通して照会できるので、このような情報があると審査に通りません。2.借り入れ件数が多い。先の項で述べたように借り入れ件数が多いと返済の見込みを疑われ審査に通りにくくなります。3.年収が100万円以下。返済能力の可否が図られることとなります。4.勤続年数、居住年数が短い。これらは長い方が有利です。転職したばかりの人、引っ越したばかりの人の場合信用度が低くなってしまいます。いかがだったでしょうか。銀行カードローンの審査について簡単にまとめました。一枚あると安心の銀行カードローン。ぜひ検討してみてください。

銀行でもキャッシングできるの?

お金を借りたいと思っていても、果たして自分は審査が通るのだろうか…と不安に思われるかもしれません。そして銀行と他の消費者金融とはどんな違いがあるのでしょうか。

銀行で審査が通らなくなってしまう状況

具体的にどの企業が通りやすい、通りにくいとはここでは出すことはできませんが、一般的に銀行では信用情報に事故情報が記録されているだけでひっかかってしまう可能性があります。当然ですが金融機関は過去に他社を含めてお金を借りたことがある人の返済が滞っていないかを調べます。金融機関同士で、信用情報会社に審査を申し込んだ人の情報を照会にかけるので、過去の情報もすぐに分かってしまいます。それは個人情報の保護に問題があるのではないかと思われるかもしれませんが、すでに以前のキャッシングを行うための契約を行った時点で、金融機関が信用情報機関にあなたの事故情報(過去のキャッシングの返済状況に基づく信用情報)に同意しているので、その情報を一定期間(長期延滞情報なら1~5年、債務整理なら5~10年)、信用情報機関は保管できるようになっているのです。 銀行からお金を借りる方が他の消費者金融から借りるより、審査が厳しいと思っておられる人は多いでしょう。でもそうでない場合があります。例えば専業主婦の場合、消費者金融では収入の無い専業主婦の申し込みを受け付けていませんが、一部の銀行では専業主婦自身に収入が全く無くても、申し込みができるのです。その場合は、配偶者に安定した収入があることが求められます。その額に基づいて審査されます。銀行によっては、配偶者の同意書・住民票・収入証明書(源泉徴収票など)の提出が求められます。審査が通ってもキャッシング利用者の主婦の方は収入が全く無いのですから、借り入れ限度額は低く設定され、数十万が限度と言えます。